Keep it simple,

DALカウボーイズのこと、NFLのこと、ゲームのこと、自分の趣味をシンプルに書き留める。

NFL2018 スーパーボウル

ペイトリオッツvsラムズ戦感想

 

互いのキープレーは中のラン。ここから組み立てる。特にペイトリオッツは中ランに意識を集めといて、グロンコ・エデルマンにパスを散らす。

ブレイディはいつものように落ち着いて、攻撃を進めていく。INTやFGのミス、ギャンブル失敗があったおかげで、何と前半3点。

 

ラムズはRBガーリーが本調子じゃないのか、温存しているのか、前半は確かめるように数回試した以外はゴフのパスを模索していた。だが、ほとんど抑え込まれているといっていい、ペイトリオッツのDBの頑張りによるところも大きいが、クーパーカップがいないのが悔やまれる。

 

Pヘッカーの安定したパントにより、何とかなっていた。トリックプレーをあれだけ見せてたので、普通のパントが蹴りやすくなっているのだろうか。

 

オールオアナッシングから続くストーリーで考えると最高にエモい。ジェフ・フィッシャーが解雇されコーチングスタッフが入れ替わった中でも残った、STCのマット・ファセル。彼とともにつくりあげてきたパントは地味だが、間違いなくチームのピンチを救った。

 

9回も。

 

しかし、ペイトリオッツパンター、アレンもまた神パントを繰り出し、ロースコアを演出。

 

勝負の決め手はなんだったのだろうか?

シーズン中あれだけ得点を重ねたラムズが全くといっていいほど攻められなかった。ガーリーが計算出来ず、ゴフには経験が足りなかったんだろうか?

最後はセイフティブリッツに焦ってINTを献上。

いつでも空いてるエデルマンに確実に通す、ブレイディとは違い、パスが通らない。

 

地力の差なのかな。

やっぱりブレイディ&ベリチーは強い。

 

マホームズもマクベイも叶わなかった。

 

 

NFL2018 Divisional round DAL@LA

セインツ戦だと思ったらラムズだった。

事前予想があまりにセインツばかりだったので勘違いしたベアーズが破れたことにより、ラムズになってしまった。

点の取り合いしたら絶対勝てないのでロースコアに持ち込みしかないのだが、果たしてそれが可能なのか?

 

試合結果

 

DAL 22 / LA 30

 

ラムズ強すぎた。止まらない。スコアはワンポゼだけど実際には完敗。全く勝てないほどの差では無いが10回やって2回勝てるかどうかぐらいの差はあった。

 

地上戦の結果がそのまま勝敗に。

ラッシングヤードの差が如実に物語っているのはOLの差とプレイコールの差。

たらればは良くないけどカウボーイズの満身創痍のOLが万全であればもう少し違った結果になっていただろう。

 

来シーズンへの希望はパスアタックで、ギャラップとクーパーのラインは計算出来ること。特にギャラップは良く成長してくれた。

 

スーパーボウルを獲得するためにあと何が必要なのかっていうと有能なコーチ陣だと思うが、なまじ結果は出してしまったので後退するだろう。

今シーズンのディフェンスは最後に息切れしたものの、とても良かったので維持して欲しい。

一方でオフェンスはエリオットが止められる、パスプロが持たない、セパレート出来ないなどの事態に陥ったときの打開策が無く、今日は無理だなと思ったらそのまま無理で終わる。

 

3勝5敗になったときに諦めてしまったが、ここまで来れたので、勝てなくても、そらそうだとしか思えず、セインツに勝ったときからずっと戸惑いっぱなし。

 

来シーズンは投げ出すのをもう少し遅めにしよう。